View cart 0

ラジオ フリークエンシー アイデンティフィケーション(RFID)で、  リードタイムを削減! 2種類以上の工具でも早いローディングを実現

Read this in your language
  • 简体中文
  • English
  • Français
  • Deutsch
  • Italiano
  • 한국어
  • Polski
  • Español

Receive ANCA news direct to your inbox

最新のアドバイスや技術のアップデートをもらう

Subscribe

個人情報保護方針

ラジオ フリークエンシー アイデンティフィケーション(RFID)は、工具のローディングプロセスを自動化することで、オペレータが特定の工具に合わせて、ローダパレットのポケットを各々プログラミングする必要をなくし、工具プログラミングの柔軟性を向上します。 TXcell及びMXの工具研削盤に使用できるこの商品は、小量~中量のバッチサイズによる、広い幅の工具の再研磨または加工に最適です

パレットに保管される工具キャリアーに入った工具

RFIDは、工具キャリアーのベースに内蔵されたチップ(またはタグ)を使用します。 チップが集めた情報は、ローダ内にあるリーダーで読み込まれ、マシンのCNCへ転送されます。

チップを使用するため、工具の種類と加工プログラムが、確実に一つ一つの工具に設定することができます。このため、ローダの作動中でも、各工具のキャリアごとに情報が保存されるので、2種類以上の工具を同じパレット、もしくはマシンで加工することが可能になります。

ローディングスケジュール中に、ロボットが工具の入った工具キャリアーをパレットからピックアップし、工具キャリアーをロード ドッキング ステーションに入れます。次に、ロボットは工具をキャリアーから取り出し、マシン内にローディングします。

研削作業が開始してから、ロボットは空のキャリアーをアンロードの方のドッキングステーションへ移し、次んの工具キャリアーをパレットからピックアップしてそれをロードドッキングステーションに入れます。この流れによって、工具入れ替えのサイクルタイムを最小限に抑えられます。
 



パレットに保管されるキャリアーに入った工具と、シャンクコレットの入ったコレットラック


RFIDは、ANCA TXcell及びMXの工具研削盤のコレットチェンジに使用できます。ローディングのプロセスは自動化されるため、2種類以上の工具が入ったパレットの研削において、オペレータはマシンに完全に任せることができます。

RFID RoboMateテクノロジーは、2種類以上の工具を研削するお客様にとって、費用削減とセットアップ時間の短縮を提供します。 


RFIDチップリーダー


 

少量~中量のバッチサイズへの実用的なアプリケーション

  • ドリル
  • エンドミル
  • プロファイル工具
  • 工具の再研磨
  • 工具の製造
  • 他にもいろいろ

 スペック

  • パレット容量: 約96本
  • コレット容量: 一つのコレットラックに、直径20 mmのコレットが12個入ります
  • 工具径:直径3~20 mmに対応
  • 工具長:50-160 mm に対応

 主なメリット

  • ローディングは、作業者の介入なしで自動的に行われる
  • RFIDのおかげで、オペレータによる特定の工具に合わせて、パレットの穴径に合わせるプログラミングが不必要
  • 2種類以上の工具を一つのバッチで研削するお客様にとって、費用及びセットアップ時間の削減
  • 生産性の向上と最大限のアウトプット
  • RFIDはERPシステムのジョブカードとリンクしての使用可能
  • オペレータが工具に触れる必要性を減らす
  • 急ぎの工具は、ローダパレットポケットの再プログラミングなしに、パレット上の工具の順番を入れ替える事で、優先させることが可能
  • 完全な工具データベース管理