View cart 0

Precorp社はANCAの新しいEDGeでPCDツールを放電研削

Read this in your language
  • 简体中文
  • English
  • Français
  • Deutsch
  • Italiano
  • 한국어
  • Polski
  • Português
  • Русский

Receive ANCA news direct to your inbox

最新のアドバイスや技術のアップデートをもらう

Subscribe

個人情報保護方針

 

アメリカにおけるANCAの顧客であるPrecorp社は、PCD工具製造に新技術を導入するためのパートナーシップからメリットを得ています。

航空宇宙産業と自動車産業が新素材開発の原動力

常に効率的で軽量なプロダクトを求める航空宇宙産業と自動車産業のニーズが、新しくて風変わりな材料や開発の原動力になっています。この進歩が従来の製造方式に変化を起こし、切削工具基板や設計の進化にもつながります。航空宇宙業界や自動車製造などの産業は、能率と燃費面で有利なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)などの材料を使用しています。この動向が生んだ一つの結果が、多結晶ダイヤモンド切削工具に対する高い需要です。

この成長市場への参入を求める工具製造業者を対象に、PCD工具の革新的ソリューションを提供する新しいEDGe工具研削盤をANCAが開発しました。 EDGeマシンはPCD工具の研磨と製造に最適です。両端の砥石スピンドルにより、PCDと超硬ソリッドの両方を研削できます。超硬ソリッドとPCD工具の両方を製造できるマシンを導入して、PCDの分野に進出するお客様に理想的です。このデュアル工程マシンはさらに、新たな市場参入に対する財源的リスクを軽減します。

ANCAは30年以上の工具研削の実績があり、工具設計ソフトと多用性により業界周知の存在です。この経験を活かすことで、EDGeはPCD工具製造者に高度な柔軟性と生産性をお届けします。手軽に工具寸法を入力できるユーザーインターフェースは、時間のかかるプログラミング作業も不要で工具の設計と製造を簡単迅速に実行できます。
 

Precorpは技術を積極的にプッシュするサプライヤーがパートナーです

 

Precorpプロジェクトエンジニアのダンカン・ウェルズリーとANCAのEDGe工具研削マシン

EDGeマシンの研究開発はいくつかのパートナーシップの下で実現しました。その一つがANCAの業界開発パートナーPrecorpです。 Precorp はPCD切削工具製造業のリーダー的存在で、787(ドリームライナー)航空機を製造するボーイング社の主要サプライヤーです。業界の需要とニーズへの対応力、プロダクション環境内の役割という点で、PrecorpのPCD工具開発の経験はEDGeマシンのベータ・テストに最適でした。

Precorp社のリチャード・ガリック社長によると、ANCA EDGe マシンはPrecorpのビジネスにあらゆる面で貢献しています。ガリック社長は「Precorpの戦略の一つは常に従来の製造技術をプッシュし、それにより市場で技術的なメリットと差別化を実現することです。」と言及しました。

更にガリック社長は「ここで非常に重要なのは、同じように技術をプッシュしつつも既成概念にとらわれないマシン供給者とパートナーシップを組むことです。弊社は以前からANCAをその一つと考えています。ANCAの新しいEDGeによりPCDドリルの製造に関するEDG技術が進歩しました。ANCA EDGeマシンはPCDドリルの再研磨も可能にしているため、PCDドリルと工具をより幅広く利用できるようになります。EDGeマシンは、これまで法外な価格だったPCD工具の研削と再研磨を可能にしました。このプロジェクトの成功に向けてANCAに必要なリソースを依頼したのです。今後はANCAなどサプライヤーとの関係を深めながら、製造プロセスに技術的アドバンテージを実現できるよう努めます。」と述べられました。

Precorpドリル比較テスト中のエクジットバーの結果(放電研削vs.研削済みのドリル製造)


Precorp社とのパートナーシップによりANCAは、EDGeマシンを使用して製造した工具パフォーマンスの性能とベンチマーキングが可能になりました。EDGeマシンで放電研削された工具は、切削力とバリの減少、ドリル寿命の点でよりよい結果を得ました。

研削ドリルとEDGe で放電研削されたドリルを比較した場合、ANCAマシンの方が高性能な切削工具を製造することが判明。ガリック社長が語ります。「EDGeで放電研削した工具の方が研削ドリルと比べ、より鋭い切削刃のドリルが実現されています。これらの工具を使用して穴開けされた穴はバリが無く剥離も少ないという点で、CFRP、アルミ、チタンなどの複合材料層に特に望ましいのです。」
 

EDGe開発に際しRMIT大学(ロイヤルメルボルン工科大学)がデータ分析を実施

EDGe 開発のもう一つの重要なパートナーは、オーストラリアのRMIT ロイヤルメルボルン工科)大学です。RMITの博士プログラムが研究とデータ分析の面で当プロジェクトをアシストしました。RMITの理知的専門技術とANCAのエンジニアリンググループが、最新技術を利用した製品を共同開発することに成功しました。

ANCAが商標をもつ EDGe-Spark ジェネレーターが各スパークのエネルギーレベルをモニター/制御し、ギャップ距離を適宜調節し最適な表面仕上げ、加工取代とサイクルタイムを実現。これにより、放電研削工程にリアルタイムの統計的情報を基にした、優れたオペレーターフィードバックを提供します。

カーバイドとダイアモンド、またはコバルトバインダーでも、EDGe Spark は基板の抵抗力を自動的に適合させます。

EDGeは広範囲の工業用ツールとアプリケーションに適した汎用マシンです。工作機械市場で30年の実績を持つANCAは、新しいEDGe マシン発表に大きな期待を持ち、顧客の皆様のPCD工具製造工程に新たなレベルの性能を提供できると確信しています。

 EDGeマシンで放電研削された工具は、より厳しい品質的数値に到達

 

EDGeパンフレットをダウンロード。

 

2 11月 2013