View cart 0

世界を牽引する研削メーカーANCA 社が名古屋に技術販売サービスセンターを開設

Read this in your language
  • 简体中文
  • English
  • Français
  • Deutsch
  • Italiano
  • 한국어
  • Polski
  • Español

Receive ANCA news direct to your inbox

最新のアドバイスや技術のアップデートをもらう

Subscribe

個人情報保護方針

ANCA 社は、日本国内で30年以上にわたって自動車や航空宇宙、電気および医療機器をはじめとする多くの分野において、精巧な切削工具や関連部品を生産するお客様をサポートしています。日本市場における需要の高まり、そしてお客様へのより質の高いサポートとサービスを可能にするため、この度ANCA 社は名古屋にテックセンターをオープンしました。 
 
ANCA 社の共同創設者である Pat Boland 氏は「日本国内ではじめて販売したのが、1982年のガスカッターとプロファイル切削コントロールシステムです。それ以降、300台以上のマシンを設置させていただいており。日本は、世界有数の工業と製造業市場で、世界の技術の多くが誕生した国であり、大手切削工具メーカーが数多くあります。だからこそ、ANCA 社はお客様のもとでサポートを提供する環境を用意する必要があるのです」


 
ANCA 社は、その多くの技術を社内で設計から製造まで行うことで、お客様にトータルソリューションを提供しています。確かな経験とエンジニア技術があるからこそ、当社ではお客様の特殊なニーズを満たすオーダーメイドのソリューションの設計が可能なのです。ANCA 社は、市場最先端技術の継続的な進化を図るため、年間収益の10%を研究開発に投資しており、業界初の実績を持つ技術リーダー企業として世界で高い評価を受けています。
 
ANCA Machine Tools Japan株式会社の板倉 秀明社長は「日本市場における販売とサービスに関するすべての事業を一手に引き受けることになったことをとても光栄に思っています。この投資は日本における ANCA 社の新たな時代の幕開けであり、使命だと感じており、当社の優秀なチームも今後の展開に期待をしています。当社の新社屋で同業者の皆様の訪問を心よりお待ちしています」と語っています。
 
さらに「私たちは、日本を含め、世界中で厳しい競争に直面していながらも、素晴らしい技術革新によって大きな成功を収めてきましたが、まずは、 ANCA 社が如何にしてお客様の明るい未来をサポートしていけるかを、お客様にご理解いただくことが重要だと思っています。そのため、私たち ANCA Japan 社は、お客様が日本国内のサプライヤーとやり取りしているように感じていただける企業になることを目指しており、当社の革新技術の素晴らしいところをしっかりお伝えするため、営業やサービス、販売、管理、プランニングチームは日本人で構成しています」と話しています。 


 
ANCA テックセンターでは、お客様は製品のデモンストレーションを体験したり、サンプルの切削工具を研磨したり、必要に応じてマシンの受け入れテストを行うことができます。
 
何よりも ANCA 社の成長は、切削工具の生産に革命をもたらし、製造業洗剤に影響を与えた革新技術があるからこそ成し得た成果です。当社にとってキーポイントとなっている最初の革新技術は、タッチプローブを使って切削マシン内で工具の形状を計測するシステムです。今となっては珍しくない技術ですが、1986年に初めてこの技術を取り入れ、工具研削の世界に大きな変化をもたらしたのが、ANCA 社でした。さらに、CCD カメラを使ったマシン内計測や 3D シミュレーション、円筒形リニアモーター、座標変換に生成された冗長軸、研削ホイールのバランス調整なども ANCA 社が最初に導入したものです。
 
ANCA Asia 社のゼネラルマネージャーである Jake Farragher 氏は「お客様に現地でのサポートを提供することの重要性を感じています。今回、この新しい施設とチームによって、当社の切削マシンと世界を率いるソフトウェアの使い勝手の良さと優れた機能が広まっていくことを信じています」
 
名古屋は本州の中心部に位置しており、主要産業市場に近いだけではなく、移動や港などのインフラ設備も整っている地域です。         


11 7月 2022