オペレータ介入を最長限に

抑えたティーチング

ティーチング時間の短縮

を、数時間から30分以下に成功

一つのティーチツーリングキット

を複数のRoboMate付きの ANCAマシンで使用可能

RoboTeach: RoboMateローダの位置を自動で再度ティーチング

ANCAのRoboTeachはANCAのMXおよびTXマシンにおいて、RoboMateファナック200 iDのロボットに対する自動ティーチングを提供します。RoboTeachは研削盤の高精度を用いてロボットの位置を測定することでロボットのカリブレーションを行う働きをしています。ロボットの位置は、ロボットグリッパーに持たれた電気接触プローブとマシンコレットアダプタに持たれた球体によって測定されます。
ティーチング能力
The features that can be taught using RoboTeach are:
  • グリッパ工具の中央ポイントのティーチング(TCPs)
  • コレット位置のティーチング
  • ユーザフレームと呼ばれるパレットのティーチング
  • ユーザフレームのZオフセット高さのティーチング
セットアップおよびティーチング時間の短縮
RoboTeachはティーチング過程においての一貫性を維持し、お客様の生産量の増加と生産性の最大化を可能にします。
ユーザフレンドリー
LoaderMateソフトウェアのオペレータ画面上でオペレータをステップバイステップで分かりやすく案内します。

Product Inquiry