View cart 0

2021 ANCA ツール・オブ・ザ・イヤー受賞者を EMO Milano からライブで発表

Read this in your language
  • 简体中文
  • English
  • Français
  • Deutsch
  • Italiano
  • 한국어
  • Polski
  • Español

Receive ANCA news direct to your inbox

最新のアドバイスや技術のアップデートをもらう

Subscribe

個人情報保護方針

#ANCATooloftheYear2021 が、切削工具の世界の魅力とそれを作り出す職人を称えるため、数千ドルの賞金とその名声を送りま


 


 ANCA 社の業界初コンクールが復活し、2021年は、受賞者が、ミラノで開催される EMO (金属加工の世界を紹介する世界最大の見本市) からライブで発表されることになりました。昨年は、世界中から約 30 作品が寄せられ、8万人以上のファンがその作品に目を止めて、さらにソーシャルメディア上では20万件を超える反応を得るなど、この業界が誇るスキルを披露するチャンスとなりました。
 
ANCA 社共同創設者である Patrick Boland 氏は「この業界が繁栄しているのは、研削企業の高度な専門知識のおかげです。人々が日常的に使い、楽しんでいるモノの多くは、これらの切削工具メーカーの努力と増え続ける技術的洞察力があるからです。それゆえに生産性や工具寿命、機能性が向上し、切削工具はますます複雑になっていくのです」とコメントしています。      
 
さらに、彼は「今年で4年目となるこの ANCA ツール・オブ・ザ・イヤーは、切削工具とそれを生産する企業の知名度を高め、大きく報道されるようになりました。すべての切削工具メーカーの皆様には、是非このコンクールに参加していただきたいと思っています。そして、その技術力とこの業界への貢献度を全世界の人に知っていただきたいです」と締めくくりました。
 
Cerin SpA の工場長で、初めて審査員を務めた Ivan Cuscov 氏は、 「工具技術の絶え間ない進化によって、一般的な製品がより簡単に作れるようになりました。そして課題は、研削加工に創造力を融合させて新しい何かを作り出すことへと移行しています。ANCA 社の iGrind のようなオープンでフレキシブルなソフトウェアの誕生によって新しいアイデアを形にする技術も進んでいるため、研削技術は、日々現場で働いている職人にとっても、驚きの連続です」と話しています。Cerin SpA は、1971年に操業を開始した、イタリアで高い評価を得ている超硬精密工具メーカーのひとつです。

ANCA 社は、今回の EMO で、待望の AutoMarkX を初公開します。AutoMarkX は、手作業や労力を必要とするプロセスに代わる自動レーザーマーキングステーションです。ANCA 社ブースについては、EMO​ のページをご覧ください。 
 
ANCA ツール・オブ・ザ・イヤー 2021 - 「複雑を簡単に」 ANCA 社が複雑な工具の設計と研削をシンプルにします

ツール・オブ・ザ・イヤーは、お客様がお気に入りの工具を投稿することで選出され、その受賞者は EMO 会場で審査・発表されます。今年は、切削工具メーカーのポテンシャルとオリジナリティを評価するため、ふたつのコンクールカテゴリーを設けました。
 
  • メインとなるのが、#MadeonANCA で、工具と応募者は切削工具の形状と性能によって審査されます。
  • もうひとつのコンクール部門が、バーチャル工具を対象とする「最新工具デザイン - 2021」です。応募者は、ANCA 社工具設計ソフトウェアを使ってクリエイティブな能力を発揮して、アイデアを最大限に広げることができます。 

#MadeonANCA の優勝者には、優勝者の研削ニーズに合った装置やアクセサリ、ソフトウェアなど 1万豪ドル相当の ANCA 社製品が贈られます。そして、最も革新的なバーチャル工具に選ばれた方には、CIM ソフトウェアのフルパッケージが贈られます。

応募期間は 6 月 15 日 から 8 月 15 日までです。

2020 年の #MadeonANCA コンクール優勝者である ARCH Cutting Tools 社のエントリー作品は、さまざまな複雑な形状を作り上げるのに iGrind を見事に使いこなしたものでした。 ARCH Cutting Tools代表の Jeff Cederstrom 氏は「世界でも特に革新的で高い技術力を誇る切削工具メーカーと切磋琢磨することは、非常にいい経験になりました。今回の受賞を機に、これまで以上に切削工具設計の限界に挑戦する気持ちを高め、お客様のニーズと日々の使用の中でお客様が直面する課題に応えるという大きな目標を達成したいと思っています」とコメントしています。 

Patrick Boland 氏は、さらに「バーチャル工具カテゴリーの受賞者では、ポーランドの JG Group が、オーストラリアのシンボルであるシドニーのオペラハウスを工具の形状に再現するという独創的なアプローチを取り、まるで本物のようで非常に印象的でした。(さらにバーチャル工具カテゴリー受賞者の) Turcar社の工具のデザインには本当に驚かされました。私たちのソフトウェアで彼らの作品のように美しくて、素晴らしいものを作れるとは思いもしませんでした」
 
このコンクールは、工具生産への情熱と技術をベースにしたものであり、この高度な技術を持つ工具研削の分野を讃えることを目的としています。 
 
審査員
  • Pat Boland (ANCA 社共同創設者兼取締役社長)
  • Ivan Cuscov (Cerin SpA の工場長)
  • Thomson Mathew (ANCA 社プロジェクトマネージャー)
  • Zoller (形状および直径の計測) 
 
EMO では、最終選考に残った上位5社の工具を以下の基準で審査します。
  • フルートまたはギャッシュ表面の算術平均粗さ Ra 値に基づいた表面の仕上がり具合
  • その直径と形が図面に記されている公称公差に近いか (例:直径公差が ± 0.010 mm の場合で、工具の測定値が 0.005 mm だと有利となります)
  • 図面通りに最も厳しい公差で研削されているか (例:公差が小さい工具ほど有利となります)
  • 複雑さ (例:段の数と形がランクに影響します)

16 6月 2021