View cart 0

ANCAが ロボットティーチングプロセス の画期的な進化となる RoboTeach を発表

Read this in your language
  • 简体中文
  • English
  • Français
  • Deutsch
  • Italiano
  • 한국어
  • Polski
  • Português
  • Русский
  • Español

Receive ANCA news direct to your inbox

最新のアドバイスや技術のアップデートをもらう

Subscribe

個人情報保護方針

 
 
 
 
 今まで、RoboMateでFanuc Robot (200iD)をティーチングするのは、時間と労力を要する作業でした。さらに、精度はティーチングを行う作業者によって異なることもありました。ANCAはこの課題を解決するために、ANCAのMX及びTXマシン プラットフォームでRoboMate Fanuc 200iDロボットのティーチングを自動化する製品、RoboTeachを発表しました。オペレータとロボットの間にRoboTeachという新しいインターフェイスが入り、オペレータがRoboMateをティーチングするために、ファナックプログラミングの専門家である必要はもうありません。 
 
 
 

RoboTeachは、研削盤の優れた精度を用いて、ロボットの位置を測定し、ロボットのカリブレーションを行います。 ロボットの位置は、ロボットグリッパが持つ電気式コンタクトタッチプローブと、マシンのコレットアダプタにあるスフィア(球体)によって測定されます。
 
 
 
ティーチパレットのティーチングのイメージ
 
ANCAのLoadermateソフトウェアを使って、ファナックのロボットをティーチングする流れは、オペレータの画面に表示されれ、ステップバイステップの指示がユーザをご案内します。説明が分かりやすくなっているため、オペレータが確実に、そしてすぐに、グリッパやパレット、そしてコレットまで含めたロボットのティーチングを行えるようになります。
 
 
RoboTeachの製品は、ソフトウェアのオプションとツーリングティーチングのキットが含まれます。ツーリングティーチングのキットは、ティーチングに必要な道具がコンパクトで持ち運びに便利なケースに収納されています。
 
 
 
RoboTeachのツーリングティーチングキット
 
 
RoboTeachのソリューションは、セットアップ時間とティーチングにかかる時間を抑えることで、時間及び費用の削減になります。RoboTeachは、ティーチングプロセスの一貫性を提供するので、お客様が生産性を最大限にし、アウトプットを増加できます。 
 

RoboTeachのティーチング能力

RoboTeachを用いて以下の機能をティーチングできます:
 
  • グリッパにツールセンターポイント(TCPs)のティーチング
  • グリッパ工具フレームのオリエンテーション角度の設定
  • コレットポジションのティーチング
  • パレットのユーザフレームのティーチング
  • ユーザフレームのZオフセット高さのティーチング


主なメリット

  • ティーチングプロセスにおいての作業者の手の介入を削減
  • ロボットのティーチングに必要な時間を、数時間から30分以下に削減
  • セットアップ時間を減らし、費用削減を実現
  • 一貫性のあるロボットティーチングのおかげで研削精度を向上
  • ダウンタイムを削減し、生産性を向上
  • ロボットティーチングのプロセス全体を大幅に向上
  • オペレータがロボットティーチングを行うには、ファナックプログラミングの専門家である必要なし



 

 

 

2 10月 2016