View cart 0

Facet Precision Tools - 研削技能の確立

Read this in your language
  • 简体中文
  • English
  • Français
  • Deutsch
  • Italiano
  • 한국어
  • Polski
  • Español

Receive ANCA news direct to your inbox

最新のアドバイスや技術のアップデートをもらう

Subscribe

個人情報保護方針

Facet Precision Tools 社の社長 Jeremy Bunting 氏は、切削工具業界で成長を遂げ、若い頃から実践教育を受け、この経験を生かして自分のビジネスをスタートしました。それは最新製造センターの展開から、Facet 社の評判を高めたり、広めたり、切削工具作りに情熱を燃やす優れた技術を持つチームの育成まで、Jeremy 氏は成功への基盤を築きました。

 
   
 
Jeremy 氏の経歴:

ファミリービジネスの一部として、アメリカで、14歳の時に、自分にとって最初の工具を設計しました。工具を作る際は、一般的な研削同様、手動研削機を使用しました。その後、ソフト側に移動し、製品とスピードが注目を集め、ヨーロッパにまで活動範囲を拡大しました。  ヨーロッパでは、さまざまな工具製造業者と仕事をして、製造と精密工具作りへのさまざまなアプローチを見てきました。

そして、航空宇宙と自動車工学業界にサービスを提供するため、2015年に Facet Precision Tools 社を立ち上げました。これらの市場は、明確な目的を持つ特殊工具が求められる分野です。Facet 社では、PCD、超硬切削工具、被覆超硬工具などを作り、販売代理店を通じて直接お客様に提供しています。ドイツに拠点を置き、国内だけではなく、フランスやイギリス、スペインへ販路を拡大しています。さらに販売代理店を通じて、アフリカやスウェーデン、トルコ、ハンガリー、オーストリア、イタリア、メキシコでもサービスを展開しています。

新しいビジネスを始めるのは簡単ではありません。市場と製品に注目しました。これがターゲットとする市場なのか、どのような機械や装備が必要なのかを決定できる独特な立場にありました。私はこの業界でのこれまでの経験、さらにどうしたら学んだことを未来に生かすことができるか考えました。この市場に参入した時、高品質機器と確かな製造プロセスを構築し、市場をリードする切削工具を生産したいと思っていました。

創業以来、着実に成長しており、昨年は売上倍増を成し遂げることができました。拡大しながらも、より多くのお客様の注意を引き付ける方法を検討しています。新たな製品を展開する必要があるかを常に考え、多くの業界同様、常に優れた人材を求めています。

 


研削技能の確立

工場建築の詳細が決定した時、私たちは、2台の MX7 Linear、FX7、EDGe、その他の機器を含め、ANCA 社のマシンを揃えるための投資を実行しました。MX7 は、主に大径 20、25、32 の工具を研削するのにいいため、主に自動車の工具に使用しています。さらに、このモデルでは、PCD 切削工具のポケット研削を多数実行しています。MX7 は馬力が高く、非常に安定した方法で工具を研削することができるのです。大量の超硬工具には、FX を使っています。非常に硬く、熱に強いマシンなので、高い再現性の切削工具を研磨することができるのです。

MX7 には、より高い RPM を可能にする ANCA 社スピンドルスピーダがあります。当社では、ANCA 社と協力してソフトウェアを調整し、研削工程により安定したポケットとより正確なポケットを実現できるようにしました。

EDGe では PCD 工具を製造しています。これまでの 2 年間、当社では、プロセスを見直すことで、自社の未完成品と切削工具設計を使い、PCD ベイン工具を開発してきました。さらに、EDGe を使うことで、多くの形状を研磨する際、高い精度を実現することができました。工程として、私たちが探し求めていた品質と再現性を実現するのがエロージョンだと知りました。また、EDGe にビジョンカメラシステムを導入し、マシン内でのスピーディーチェックを可能にしたことで、マシンから取り出して戻すよりも、高い再現性と優れた品質を実現しています。



そして、ANCA 社の 3D シミュレーションプログラムです。研削工程のチェックやマシンに入る前の確認と修正など、設計と問題解決の 95% 以上はシミュレータが実行してくれるのです。効率を高め、無駄を減らすことができるため、これはまさに当社にとって最強ツールで、当社の収益にとっても大きな助けとなっています。例えば、炭化物は非常に高価で、標準的な 32 mm のロッドで 400 ユーロ以上です。

このシミュレーターなら、推定研削時間まで表示されるので、サイクルにかかる時間を短縮してくれる最高のツールです。それまでは、この工具を作るのに 20分を費やしていましたが、新しいアイデアや異なるアプローチを検討して、研削をシミュレートすることで、その時間を 18分から 17分、さらには 15分に短縮することが可能になります。

すべてのマシンにタッチプローブが備えられており、ホイールパック交換が簡単になり、ホイールを確認し、素早く動き始めることができます。また、人的ミスを避け、より高い完成品品質を保証します。ホイールを整え、念入りに調べられるようにするには、セットアップを変更しないで中断したポイントから再スタートできるのはとても便利です。

当社が ANCA 社を選んだ理由のひとつがこのソフトウェアの存在です。非常にフレキシブルな対応が可能で、Facet 社では、標準の ANCA 社プログラムと設計をあまり使用せず、代わりにプロファイルエディターで多くの作業を行い、必要とする工具設計に合わせて角度と形を変更しています。私の父は、ANCA 社は、機械を作るソフトウェア会社だといつも言っていましたよ。

21 11月 2019