三次元のコンポーネント – 医学用

「大腿骨のラスプ」は腰や肩の人工関節手術の最初の段階で使用されます。ANCAの製品では様々な歯形形状、チップブレーカー、プロファイルや大きさに対応して、厳しい公差が必要な研削加工ができます。

整形外科用のインプラント(膝、腰や肩などの)は、関節や骨の代わりに人工的なものを入れる際に使用されるために製造されています。 ANCAの製品の研削、切削加工の能力では、医療インプラントを産業の厳しい品質基準を満たすように生産することができます。

これらの形状は、設計および生産の工程に最大限の柔軟性を実現するために、三次元のCADソフトウェアと研削盤の間の統合を活用して、ANCam(NXポストプロセッサー)を用いて研削加工されます。

ANCAのオフラインCIM3Dシミュレータでは、作業者が研削盤で研削加工を開始する前に、プログラムのセットアップと確認ができ、スクラップの削減とマシンの稼働時間の増加に繋がります。